猫達続き

a0098513_10552249.jpg

四女長子(ながこ)、推定3歳

当時夫がしていた仕事の途中でミーミー鳴いているのを発見される。
やはり当時家で仕事していたワタクシに電話が鳴り、
「子猫が捨てられているようだ、確認しに来て」と。

パジャマ姿だったワタクシ、まずは着替えてーなんてやってたら
小一時間経ってしまい、居なかったら縁がなかったと考えよう、と現地に向かう。

いました、いました。言われた通りの場所に。

首根っこを掴むと、いっちょ前に「シャーシャー」言ってましたっけ・・・

夫が発見した地区は地元の飲み屋街。
私が長子を抱いて連れて帰ろうとすると、近所のおばちゃん(だと思う)が、
「あんたその猫連れて行くの?」と心配そう。

「あ、まずいですかね?」と伺いを立てる。
「こりゃ一旦元に戻しておばちゃん居なくなったらこっそり連れ帰ろう」
と思っていたら、
「この辺はいっぱい野良ネコがいて子供産むんだわ、
一匹でも飼ってもらえるならありがたい」と思わぬ返事。
「はぁ」とへこへこしながら自宅へ連れて帰る。

後で幼少の写真を載せますが、
名付け命(ちょっと大げさ)な夫が名前を考えるのに一苦労な容姿で・・・
「後ろの百子」とか「ぼうれいちゃん」とか恐ろしげな名前が付くところでした
(-_-;)

慌てたワタクシ、彼女は子猫時代はちょっと公家っぽい顔してたんで、
畏れ多くも前皇后、ながこ様から頂戴し「長子」と名付けました。
漢字は長生きするように、と長を選びました。

夫はLC長子と呼んでます。ワタクシは「なが」「にゃが」「にゃがにゃが」ってな感じです。


↓↓ブログランキングに初参戦!是非ポチっとお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

by hina_o_hina | 2010-08-28 11:08 | 自己紹介